試合結果

2014 春リーグ

4月20日V.S.順天堂大学
2−3で負け
1 2 3 4 5 6 7 8 9
順天 0 0 0 0 0 1 0 0 2 3
千葉 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2


打順 名前 シート 打席 打数 安打 打点 四死球
1 清水(貴) 6→4 4 3 0 0 1
2 5 4 3 1 1 1
3 吉村 1→6 4 3 2 0 1
4 清水(港) 8 4 4 1 1 0
5 岩田 2 4 4 0 0 0
6 大垣 9 4 4 0 0 0
7 菊池 3 4 4 3 0 0
8 白鳥 4 2 2 0 0 0
湯本 1→7 2 2 1 0 0
9 八木 7 2 2 0 0 0
菅原 3 1 1 0 0 0
大川 1 1 1 0 0 0

≪戦評≫
順天が空中戦を制した。千葉は初回、森のタイムリーで先制すると、4回には清水港の第一号ソロアーチで2点のリードとする。しかし打線は繋がらず散発9安打に抑えられてしまう。投げては先発吉村が5回まで上々のピッチングを見せたものの、6回に敵の主砲にソロホームランを浴びてしまい、1点差とされる。その後は湯本、大川の継投策であったが、9回1塁にランナーを置いてマウンドに上がった大川が2ランホームランを許し、逆転負け。東医体初戦で当たるかもしれないだけに、痛い敗戦を喫した。春リーグは黒星スタートとなったものの、まだ優勝の望みは消えていない。チーム一丸となって勝利に執着しなければならない。




5月4日V.S.日本医科大学
11−8 7回時間コールド勝ち

1 2 3 4 5 6 7
日医 2 0 1 2 3 0 0 8
千葉 0 2 6 2 0 3 0x 13


打順 名前 シート 打席 打数 安打 打点 四死球
1 吉村 6→1 5 4 1 2 1
2 清水(貴) 4 5 3 1 2 2
3 5 5 4 2 2 1
4 清水(港) 8 5 5 2 1 0
5 湯本 7 5 4 1 0 1
6 岩田 2 5 3 0 0 2
7 八木 3 5 3 1 0 2
8 大垣 9 5 5 2 3 0
9 大川 1 3 0 0 0 2
渡辺(ラ) PH 2 2 1 0 0

≪選評≫
先発大川は立ち上がりいきなり相手3番打者に2ランを浴び先制される。その後もリズムを掴めず、ソロホームランやワイルドピッチなども重なり、5回までで計8失点。ゲームを作れなかった。しかし打線が奮起。2回には吉村の同点スリーベースが飛び出すと、続く3回には主砲・清水(港)の第2号ソロアーチを含む打者一巡の猛攻で一挙6得点。その後も相手のミスに付け込み、計13点。6回以降は吉村が登板し、追加点を許さず、結局大会規定により時間コールド勝ちとなった。随分大味な試合となったが今季公式戦初勝利となり、選手各々にとって良くも悪くも収穫あった試合であったのではないか。




5月18日V.S.昭和大学
10−3 7回コールド勝ち
1 2 3 4 5 6 7 8 9
昭和 1 1 1 0 0 0 0 3
千葉 1 0 0 3 3 0 3x 10

打順 名前 シート 打席 打数 安打 打点 四死球
1 吉村 6 5 3 1 2 2
2 清水(貴) 4 4 3 0 0 0
3 5 4 4 2 0 0
4 清水(港) 8 4 3 1 1 1
5 湯本 7 4 4 2 1 1
6 岩田 2 4 4 2 1 1
7 八木 3 4 4 2 2 2
8 大垣 9 4 3 1 0 0
9 大川 1 3 2 0 1 0
飯沢 1 0 0 0 0 0
渡辺(ラ) PH 1 1 0 0 0

≪戦評≫
春リーグ3戦目は今季から1部昇格した昭和大学。勢いのあるチームだけに、3回まで毎イニング失点を許してしまう。しかしこちらも昨年の覇者の意地を見せる。2点ビハインドで迎えた4回裏、打者一巡の猛攻で逆転に成功すると、5回裏も打者一巡して一気に突き放す。一方投手陣は先発大川が6回3失点でまとめると、7回にはルーキー飯沢が登板し3人で仕留めた。そしてトドメの7回裏の攻撃、先頭打者岩田に1号ソロが飛び出すと、吉村の中越え2点タイムリーでコールドを決め、春リーグ2勝目を飾った。残り2戦を制することが出来れば春リーグ優勝も見えてくる。練習試合も含め1戦1戦を大事にしていきたい。



6月15日V.S.聖マリアンナ医科大
10-3 7回コールド勝ち
1 2 3 4 5 6 7 8 9
聖マ 2 0 0 0 1 0 0 3
千葉 2 0 5 2 1 0 x 10

打順 名前 シート 打席 打数 安打 打点 四死球
1 吉村 6 4 4 1 0 0
2 清水(貴) 4 4 3 1 1 1
3 5 4 4 2 0 0
4 清水(港) 8 4 4 0 1 0
5 湯本 7→1 4 4 3 2 0
6 岩田 2 4 4 2 0 0
7 八木 3 4 3 0 1 1
8 大垣 9 3 3 1 1 0
9 大川 1 2 2 2 3 0
小関 1 0 0 0 0 0
白鳥 PH 1 0 0 0 1
菅原 7 0 0 0 0 0

≪選評≫
千葉は2-2で迎えた3回、2アウトから湯本、岩田の連続安打で好機を作ると、相手のミスで逆転に成功。さらにその回には大川のダメ押し3ランで一気に突き放す。その後も岩田、清水(貴)にもタイムリーが飛び出し7点差とする。投げては先発大川が立ち上がりこそ苦しんだものの4回を2失点とし、小関、湯本の継投策で逃げ切った。これで春リーグは3勝1敗。次の試合は優勝を懸けて臨むこととなる。





7月13日V.S.東京慈恵医科大

8-5 時間コールド勝ち
1 2 3 4 5 6 7 8 9
慈恵 0 0 0 0 4 0 1 5
千葉 0 0 1 3 2 2 8

打順 名前 シート 打席 打数 安打 打点 四死球
1 吉村 6 4 3 0 1 1
2 5 4 3 0 0 1
3 大垣 9 4 2 0 1 2
4 清水(港) 8 4 4 1 2 0
5 八木 3 4 3 1 0 1
6 湯本 7 4 4 3 2 0
7 岩田 2 4 3 0 0 1
8 清水(貴) 4 3 1 0 0 2
9 大川 1 2 2 2 1 0
小関 PH 1 2 1 0 0

≪選評≫
優勝を懸けた一戦。千葉は3回にワイルドピッチで先制すると、4回には大川、吉村のタイムリーなどで4−0とリードする。しかし5回表、先発大川が突如崩れ、連続押し出しなどで1点差に迫られる。なおも1アウト満塁の場面であったが、ここで登板した小関が1失点に抑え、逆転を許さない。そしてその裏の攻撃で、この試合6番に座った湯本が「打った感触がなかった」と言う1号2ランで勝ち越しに成功。その後も攻撃の手を緩めず、最後は守護神・湯本が三振に仕留め、ゲームセット。春リーグV2を決めた。東医体まで残り1か月となったこの時期にチームとして結果を残せたのは非常に大きい。この勢いそのままに2年連続春夏制覇を目指していきたい。

応援していただいた皆様には大変感謝しております。チーム一同、これからも精進して参りますので、応援よろしくお願いいたします。







トップページへ戻る




inserted by FC2 system