試合結果

2016 秋リーグ



9/25 VS 横浜市立大学医学部 1-10 規定により7回コールド

 
千葉 1 0 0 0   1
横市 0 3 4 3 ×   10


【千】小関、岩田、森―新田
【横】尾崎―門田
[本〕
[三]
[二]大垣、有賀(千)


打順 選手名 背番号 シート 打席数 打数 安打 打点 四死球
1 春日 10 6 3 3 1 0 0
2 大原 44 7 2 1 0 0 1
門倉 53 1 1 1 0 0
3 大垣 19 8 3 3 1 1 0
4 新田 2 2 3 3 0 0 0
5 前田 18 3 3 3 0 0 0
6 有賀 55 9 3 3 2 0 0
7 岩崎 7 5 3 1 0 0 0
渡辺広 0 2 1 0 0 0
8 中村 51 4 3 3 1 0 0
9 小関 5 1 1 1 0 0 0
岩田 2 1 0 0 0 0
24 0


<戦評>
新チーム初戦は苦い敗戦となった。昨年の東医体からスタメンを大幅に変え若い選手を主体で臨んだ。千葉は初回、先頭の春日がヒットで出塁すると、3番大垣のタイムリー2ベースで1点を幸先よく先制した。しかし二回に横市に3点を返され逆転されると、4回には四球と安打を絡め、相手に4点を奪われる。何とか反撃の糸口を掴みたい千葉だが、初回以降は相手投手尾崎の前に3塁ベースすら踏ませてもらえず点を取ることが出来ない。横市は6回にも3点をあげ、7回規定コールドとなった。
敗因として、相手との地力の差が出た試合のように感じられた。投手の駒不足や練習不足などの理由を言い訳にすることなく、この敗戦をしっかり受け止め、個人とチームが更に高い意識をもって練習していかなければ、リーグ戦や来年の東医体で戦い抜くチームは出来ないだろう。しかし、随所に好プレーなどもみられるなど課題だけでなく、選手の成長もみられるような試合だったと思う。
最後になりましたが、応援に来てくださった方々有難うございました。次戦は勝利できるようチーム一丸で頑張っていきたいと思います。




10/2 VS 聖マリアンナ医科大学 8-1 規定により7回コールド

 
聖マ 0 0 0   1
千葉 0 3 1×   10


【千】吉村―岩田
【聖】尾崎―米田
[本〕大垣(千)
[三]新田(千)
[二]米田、平井(聖) 岩田、吉村、八木(千)


打順 選手名 背番号 シート 打席数 打数 安打 打点 四死球
1 春日 10 6 4 2 1 1 1
2 有賀 55 9 4 4 1 0 0
門倉 53 3 3 0 0 0
大垣 19 7 1 1 1 2 0
4 八木 2 3 4 3 1 0 1
5 岩田 18 2 4 4 3 1 0
6 吉村 55 1 4 3 2 2 0
7 岩崎 7 5 1 1 0 0 0
24 5 2 1 1 0 0
前田 3 PH 1 1 0 0 0
8 中村 53 4 3 3 1 0 0
新田 3 1 1 1 1 1 0
9 大原 44 3 3 1 1 1 0


<戦評>
秋リーグ2戦目を、新チーム初勝利を飾った。千葉は二回、先頭の岩田が2塁打を放つと、そこから打線がつながり3点を先制すると、続く4回にも一点を追加する。投げては先発吉村がランナーを出すも、粘りのピッチングで相手打線を7回を1失点に抑える好投を見せる。6回には代打大垣が秋リーグ1号となる2ランホームランを打つなど3点を挙げさらに相手を突き放す。迎えた7回に1点を取り規定により7回コールドとなった。
秋リーグにおいて初勝利となった。今試合は打線がよくつながり、またエラーを出しながらも要所要所を抑えるピッチングなど投打がかみ合った試合となった。
最後になりましたが応援に来てくださった皆様方、有難うございました。これからもよろしくお願い致します。




トップページへ戻る






inserted by FC2 system